WRITERS & REVIEWERS

執筆者及び監修者一覧

株式会社アルファメイル
NP+編集部
「オトコを科学する」をキーワードに男性の悩みや課題の解決を科学的根拠をもってサポート。運動や睡眠、栄養など、健康に関する正しい知識を提供するためにコンテンツを製作中。

制作協力した記事

半勃起での射精は超危険!15個の原因を論文を基に解説
正常な勃起は快適な性生活を送る上で必要不可欠です。不完全な勃起状態である半勃起での射精は男性機能障害のリスクを高めるので注意しなければなりません。本記事では半勃起が起こる原因を論文を基に解説します。
半勃起
ナトリウムとは?役割と適切な付き合い方
細胞内の水分とミネラルのバランスをコントロールするためには、ナトリウムが必要です。ナトリウムは心臓や神経の動きにも大きく関わっているため、私たちの生命に最も欠かせない栄養素の一つといえるでしょう。本記事では、ナトリウムに期待される効果や、適切な摂取方法などについてご紹介します。
ナトリウム
クルクミンとは?7つの効果と適切な摂取方法
飲み会の前に飲むウコンは、「クルクミン」と呼ばれるポリフェノールの供給源として医学や科学の世界でも関心を集めています。高い抗酸化作用や抗炎症作用を持つクルクミンは、メタボリック シンドロームや関節炎、筋肉痛などの症状を軽減させる効果が期待されている成分です。本記事では、クルクミンによる健康効果や効率の良い摂取方法についてご紹介します。
クルクミン
プロテインでは勃起しない?5つの真実を学術的に解明
最近SNS等では「プロテインで勃起力が高まった」との投稿を目にする機会は少なくありません。 しかし本当なのでしょうか? そもそも、たんぱく質の塊のドリンクを飲んで男性機能に何の影響があるというのでしょうか? 今回はプロテインと男性機能の関係について紐解くと同時に、摂取する上での注意点を解説しようと思います。 ぜひ参考にしてください。
プロテイン 勃起
コーヒーに豊富なクロロゲン酸とは?5つの効果と適切な摂取方法
クロロゲン酸は、コーヒーに多く含まれる植物由来の成分です。高血圧や糖尿病といった生活習慣病を予防したり、ダイエットをサポートしたりする効果が期待されています。本記事では、健康を支える成分であるクロロゲン酸について詳しく解説します。
クロロゲン酸
テストステロンを減らす行為15選!論文を基に徹底解説!
テストステロンは男性機能や筋骨隆々とした体を作る上で欠かせないホルモンです。生活習慣の影響を受けやすく、減少しやすい特徴があります。本記事ではテストステロンを減らす行動について論文を基に解説します。
テストステロン 減らす 行為
【奇跡の木!?】モリンガとは?8つの効果と適切な摂取方法
モリンガは、奇跡の木と呼ばれるほど非常に栄養価の高い成分です。ダイエットサポートや美肌効果、免疫力の向上などに効果があります。また、精子の質の改善やテストステロン上昇にも効果があり、男性が積極的にとるべき成分と言えるでしょう。本記事では、モリンガとはどのような成分なのか、摂取することでどのような効果が得られるかなど、詳しくご紹介します。
モリンガ
リジンとは?6つの効果と適切な摂取方法
肉や乳製品、豆類に豊富なリジンは、人体で生成できない「必須アミノ酸」の一種です。リジンはパンなどの穀物をベースとした食事では最も不足しやすいアミノ酸であるため、リジン不足は病気やストレスに対する抵抗力の低下など、タンパク質欠乏の症状に繋がりやすいとされています。本記事では、リジンが私たちの体に与える作用やおすすめされる摂取量について解説していきます。
リジン
どっちを飲むべき?マカと亜鉛の5つの比較
精力剤ではお馴染みのマカと亜鉛。 多くの製品に当たり前のように含まれる素材だからこそ、気になるのは結局どっちの方が良いのか?ということ。 今回は徹底的にマカと亜鉛を比較していきましょう。
マカ 亜鉛 どっち
【351名の早漏男性対象】改善に最も効果的な方法や対策、体位を調査
男性の3人に1人が生涯に1度は悩むと言われている早漏。性的な悩みはセンシティブであり、誰かに相談することもできず、1人で苦しんでいる人も少なくないでしょう。そこで今回は早漏の改善に有効だった方法について、インターネット調査から得られた結果をご紹介します。
早漏改善に有効な方法に関する調査
【男性不妊を改善】リコビーズの7つの効果と適切な摂取方法
トマトを原料として作られているリコビーズは、体内での抗酸化作用・抗炎症作用を高めるリコピンが豊富に含まれています。 リコピンは人体で合成できない栄養素であるため、食事やサプリメントで日常的に摂取することがとても重要です。リコピンの健康効果とともに、効率的な摂取方法についても把握しておきましょう。
リコビーズ
キャベジンとは?4つの効果と適切な摂取方法
キャベツには、胃腸の健康をサポートする働きがあることが昔から知られています。そのため、キャベツから発見されたビタミン様の物質であるキャベジン(ビタミンU)には、胃潰瘍などの胃腸の不調を和らげる効果が期待されているのです。また、キャベジンは腎臓や肌の健康にも深く関わっています。身体を健康に保つ・美容やダイエットのサポート目的でも、キャベジンを食事やサプリメントで取り入れることがおすすめです。
ビタミンU
チロシンとは?4つの効果と適切な摂取方法
バナナなどの果物やチーズに多く含まれているチロシンは、アドレナリンやドーパミンなどの神経伝達物質の原料となる非必須アミノ酸の一つです。チロシンは記憶力やマルチタスク能力のアップなど、仕事や勉強に役立つ作用があることが分かっています。本記事では、チロシンが私たちの体に与える作用や効果的な摂取方法についてご紹介します。
チロシン
ストレスは性欲減退の原因に!科学的に正しい解消方法7選
みなさんは日々のストレスをしっかりと発散できていますか?ストレスを受けると不眠・疲労感・肩こり・めまい・うつなどの様々な症状が心身に現れ、性欲の低下もストレスによって起こる症状の一つです。快適な性生活を送るためには日々のストレスケアをしっかりと行うのが大事になります。ここではストレスと性欲の関わりや科学的エビデンスに基づいたストレス解消方法について紹介していきますので、日々の生活でストレスを感じている方は是非とも参考にしてください。
精神的な疲労を取り除く
意外と知らない!?糖尿病とEDの関係性とは
脳や目から体の末端まで、様々な部位で恐ろしい合併症を引き起こすと言われている糖尿病。その影響は男性機能にまで及びます...。しかし恥ずかしさからお医者様に相談し辛く、悩みを内に秘めている方も多いはず。今回は綾部市立病院の大坂貴史先生に、糖尿病とEDの関係性について、医学的観点から詳しくお話いただきました。
大坂先生対談①
BCAAとは?6つの効果と適切な摂取方法
20種類あるアミノ酸のうち、体内で合成することのできない9種類は必須アミノ酸とされ、食事やサプリメントで摂取する必要があります。また、必須アミノ酸のうちの3つであるロイシン、バリン、イソロイシンはBCAA(分枝鎖アミノ酸)とも呼ばれ、筋肉組織を構成するために欠かせない役割を果たしているのです。 本記事では、BCAAについての概要や人体において期待される効果、BCAAの適切な摂取量についてご紹介します。
BCAA
【真相4つ】寝る前のコーラがもたらす影響とは・・
良くないと思いつつもやってしまいがちな寝る前のコーラ。 罪悪感にかられている人も少なくないと思いますが、具体的に一体何が良くないかを考えたことはありますか? カフェインが入っているから眠れないかも…。糖分で太ってしまうのでは? …などなど、様々なイメージがありますよね。 しかし、これらのネガティブなイメージにどれほどの科学的な根拠が存在するのでしょうか? 悪いという印象があるだけで、本当は大した問題ではない可能性もありますよね。 ということで、今回は、寝る前のコーラにまつわる真相を解明していこうと思います。
睡眠の質向上
筋トレ中でも納豆はOK!7つの真実を解説
安価で健康にも良いとされる納豆。 日本人の国民食でもある納豆ですが、筋トレ中に食べてはいけないと噂されています。 体に良いことはわかっているにも関わらず、なぜそう言われてしまうのでしょうか。 本記事ではその真相に迫っていきます。
納豆
【絶対NG?】寝る前のアイスに関する6つの事実
寝る前にアイスが無性に食べたくなる時はありませんか?たしかにお風呂上がりに食べるアイスは格別においしいですよね・・・。しかし、そんな欲望に歯止めをかけるのが寝る前のアイスにまつわる悪い噂。太る、ニキビができる、睡眠の質が下がるなど、百害あって一利なしだと思って結局食べない・・なんてことも多いのではないでしょうか。一方で少し調べると「寝る前のアイスは痩せる」というポジティブな意見も見られました。果たして真相はどうなのでしょうか?良いのか?悪いのか?今回は寝る前のアイスに関する噂について学術的に真相を解明したいと思います。
寝る前 アイス
諦めるのはまだ早い?糖尿病の方がED改善に取り組むには?
この記事は大坂先生との対談記事後半パートとなります。前半パートでは、よほど進行していない限りはEDの改善見込みがあるとわかりました。つまり、「糖尿病だからもう立たないや...」と諦めるのはまだ早いのです。今回は大坂先生にEDを改善していくための考え方や具体的な取り組みについてお聞きしました。
大坂先生対談②